美容外科で自分史上最高の美しい肌を手に入れましょう

小顔になりたい

目を瞑って湯船につかる女性

テレビや雑誌で活躍している女性は、みんな顔が小さくてスタイルがよいです。
スタイルを良くするためには自分でダイエットに取り組めばスタイルを改善することが出来ます。また、肌を綺麗にする、メイクで目お大きく見せる、鼻を高く見せることは可能ですが、顔の造りや大きさというのは自分で変えることは出来ません。テレビや雑誌で「小顔になる方法」が紹介されていることもありますが、小顔の限界があります。
このような場合こそ美容外科が出番です。美容外科であれば、自分では不可能な小顔を実現することが出来るのです。

エラが張っている場合には、ボトックスという方法で小顔になることができます。ボトックスという成分を注射で顔に注入します。そうすることで、顔の筋肉をリラックスさせることができるので筋肉が収縮し、小顔に見えます。
皮膚がたるんできているという場合には、口の中から脂肪を除去します。この時、口の中を数ミリ切るだけなので痛みを感じることもほとんどありません。
二重あごになっているという場合には、脂肪吸引や注射を行なって脂肪を溶解させると効果的です。
ベース顔がきになるという場合には、レーザーを照射してたるみをリフトアップさせる、もしくは見えない糸によってリフトアップをする方法があります。

このように小顔になりたいということでも、悩みによって施術の種類が変わってきます。
自分の顔を鏡で見た時、どのように改善したいのか?ということを考えてみましょう。美容外科に行くと、医師に相談すると自分の顔を施術するとどうなるのかシミュレーションをしてもらえますので、イメージしやすくなります。