美容外科で自分史上最高の美しい肌を手に入れましょう

ほくろを取りたい

微笑む女性と白い花

ほくろが顔にある場合、周りの人はその人のチャームポイントとして捉えていても、本人にしてはコンプレックスの塊です。子供の頃から気にしている人であれば、できるだけほくろを小さく、薄く見せる努力をしてきたことでしょう。
現在では医療の進歩によってほくろを除去することが出来るようになりました。しかも、手術を行なった痕もほとんど残りませんので、手術を行うことで自分に自信を持つことが出来ます。

ほくろというのは、医学的に「色素性母斑」と呼びます。ほくろが出来ている仕組みとしては、表面の皮膚と奥に存在している神秘の境目の細胞が、メラニン色素によって黒(茶色)になってしまっている状態です。場合によっては、ほくろ部分がぷっくりと膨らんでいることもあります。
また、加齢に伴いいぼができることもあります。加齢に伴い出来たいぼのことは、老人性疣贅といいます。人によってはいぼが年々大きくなることもあります。基本的に、健康には影響がありませんが、場合によってはウイルス性ということもあります。ただ、ウイルス性の場合には、若い頃からいぼができています。

ほくろやいぼは、スキンケアやメイクでどうにかなるものではありません。そのため、除去したいということであれば美容外科で施術を受けることとなります。
美容外科で行われる施術は、基本的にはレーザーかメスを使用します。どちらの方法で施術が行われるか?というのはほくろの大きさやできている部位などによって異なります。これらの治療は痛みや出血がほとんどありませんので、気軽に受けることが出来ます。